読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ORIGINAL RANKING ARCHIVES

 毎週オリジナル(CDセールス×ラジオエアプレイ)の邦楽ヒットチャートを更新!!

Weekly Ranking No.78 / 2016.6.16 藤原さくら「Soup」ついに1位獲得、本格的なヒットとなるか!?

WEEKLY CHART
GREAT HIT CHART LATEST CHART 2016.06.16 / No.78
1 2 5 SOUP 藤原さくら
2 RE - 世界に一つだけの花 SMAP
3 6 - 翼はいらない AKB48
4 27 - BEAUTIFUL WORLD V6
5 24 - NEW AAA
6 8 15 大河の一滴 桑田佳祐
7 10 - やさしさで溢れるように Flower
8 1 1 I SEEK
9 RE - DEVIL SUPER JUNIOR
10 3 22 大好き 大原櫻子
11 RE 9 チキンLINE SKE48
12 20 - オンリーワンダー フレデリック
13 18 - ナツコイ 井上苑子
14 22 - 風が吹いた日 SING LIKE TALKING
15 28 - EVERYTHING ASH DA HERO
16 11 17 恋したらベイベー Shiggy Jr.
17 NEW - マディウォーター 斉藤和義
18 30 - ブラザー ファンキー加藤
19 13 - HEROES Brian the Sun
20 RE 29 トリコリコPLEASE!! AZALEA
21 NEW - MORNING GLOW SHE'S
22 RE - 元気全開DAY!DAY!DAY! CYaRon!
23 RE 8 74億分の1の君へ HKT48
24 NEW - あこがれ ミツメ
25 NEW - STRAWBERRY TRAPPER Guilty Kiss
26 NEW - ツチノコ 水曜日のカンパネラ
27 RE 30 泣きたいよ 鈴木雅之
28 NEW - アイノフシギ エラバレシ
29 NEW - LAY YOUR HANDS ON ME BOOM BOOM SATTELITES
30 NEW - BEAUTIFUL DAY 戸渡陽太

【TOP10 PICKUP】

 今週の1位は藤原さくら「Soup」!初登場から15位→12位→5位→2位ときて、今週タイミングよくシングルが発売され、ついに首位に到達。ドラマ「ラヴソング」の主題歌であるこの曲のほか、レコチョクランキングでは「好きよ 好きよ 好きよ」と役名名義の「500マイル」が、それぞれ2,3,4位を獲得し、TOP5中3曲を独占した。なかなかできることではない。オリコンでは初シングルでありながら初登場4位、2週目もデイリーではTOP10をキープしており、16日付けではなんと新譜を押しのけて3位にいる。本チャートでも2週連続1位が臨めると同時に、年間暫定チャートを駆け上がっており(現在暫定19位)、残り2週となった上半期ランキングでTOP10にすべりこんでくる可能性もある。今年の代表的新人となるのは確実である。

 2位はSMAP世界に一つだけの花」3月以降、1か月に1回、上位にリエントリーしては消えていくという動きが続いている。それぞれの再浮上には何らかの原因があるのであるが、今回(オリコンでTOP10返り咲きは、ファンが6月6日を「ウラスマの日」とかいう特別な日として設定し、今週を「購買運動」の「強化週間」としたことである。来週はまた圏外に消え、また来月再浮上してくるだろう。「世界に一つだけの花」というまぎれもない大ヒット曲が、「購買運動」などという人為的な操作によって300万枚に到達したとしても、その売り上げ記録は「購買運動とよばれるファンの動きによって達成されたものである」という但し書きが付随してしまい、ファン以外からは微妙な心境になってしまう。私個人としては、このような購買運動はあまり良いものと は思えない。

  3位はAKB48「翼はいらない」。毎年恒例「第8回選抜総選挙」投票用のシングル。4,5年前と比べると注目度がかなり減ってきているように思うが、売り上げを見る限りは衰えは感じさせない。オリコン年間チャートは今年も間違いなくAKBのようだ。AKBファンの購買意欲が衰退するか、それを超える別のアーティストの大ヒット曲が生まれCDがバカ売れしない限り、2010年代はもうずーーっとAKBが年間1位なのかもしれない。 

 4位はV6。近年は年に1回新曲を出すペースのようだ。

 5位はAAA。去年は新曲を乱発していた。

 6位は桑田佳祐。New Single「ヨシ子さん」は6/29発売。カップリング3曲もすべてタイアップ付きで、すでにいろんなところで流れている。

 7位はFlower。JUJUのカバーであるこの曲も耳にする機会が多い。レコチョクランキングでは藤原さくら3曲を抑え首位となっている。

   8位は嵐。2週連続1位からダウンしたが、TOP10をキープ。来週以降も粘れるか。

 9位はSUPER JUNIOR。約5か月ぶりの再浮上。

 10位は大原櫻子藤原さくらとの「さくら」対決は、今週は勝てなかった。自信最高位である3位の壁を超えることは難しい。


藤原さくら - 「Soup」 (short ver.)